2010年03月27日

「有効だが、引き続き検討」=児童ポルノへの接続遮断−有識者協議会が報告(時事通信)

 インターネット上の児童ポルノ掲載サイトへの接続を遮断する「ブロッキング」の導入について、有識者や通信事業者などで構成する「児童ポルノ流通防止対策推進協議会」は25日、「技術的には実績があり、流通防止の有効な手法の一つ」としつつ、「引き続き検討が進められることが適当」とする報告書をまとめた。
 ブロッキングは特定サイトの閲覧を利用者の意思に関係なく遮断する仕組みで、欧州各国や韓国が実施している。ネットを通じた児童ポルノの拡散防止でも大きな効果が期待されるが、電気通信事業法で定める「通信の秘密」を侵害する恐れが指摘されている。 

奈良5歳男児餓死 両親を起訴 「認否」は明かさず(産経新聞)
地下鉄サリン2人の被害者「苦しみ語り継ぐ」(読売新聞)
ゲイ擁護団体GLAADメディア賞、ドラマ部門に「ブラザーズ&シスターズ」
九州新幹線の線路工事完了=東京−鹿児島間1本に−熊本(時事通信)
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)
posted by カサマ キクオ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。